War Is Over

 if you want it

驚異の恩寵

なんとなく敬虔な気持ちになる日にはこれ

若かりし頃、黒人奴隷貿易に関わったジョン・ニュートンという牧師が、深い悔恨と感謝の念を込めて書いた歌詞

親鸞の「歎異抄」を思わせる――すぐれた善人ですら救われるのだから

私のような悪人を神が救ってくださらないことがあろうか。

神の愛は絶対的にして無限なりという信仰の境地

一人の人間をしてここまでの感銘を与える体験とは

それ自体がまさに驚くべき恩寵(グレイス)ではないか

Amazing Grace / Judy Collins and the choir

 

驚くべき恩寵

なんと甘美な響き

私のような愚か者を救ってくださった

 

私はかつて道を踏み外した

しかしいまや私は見出された

盲人だった私が今は見えるようになった

 

恩寵は私に神を畏れる心を教えてくれた

そして恩寵により私の恐怖は和らげられた

なんと貴重な恩寵が現れたものか

私が初めて信じる者となったとき

 

多くの危険、苦難、誘惑をくぐり抜けて

私はここまでやってこれた

この恩寵が私を安全に導いてくれた

そして私の魂の故郷まで導いてくださることだろう

 

主なる神は私に善きことを約束してくださった

神の言葉が私の希望のよりどころ

神は私の盾、そして私の一部

命の続く限り

 

そう、この体と心が死に絶えて

限りある命が尽き果てるとき

私は神の幕屋の内に

喜びと平安の生命を手に入れるだろう

 

大地が雪のように溶けて

太陽が輝きを失ったとしても

私を召された神は永遠に私のものとなる

 

我らが天国で太陽のように光り輝き

1万年の時を過そうとも

1日も休むことなく歌い神を褒め称えよう

最初に始めた日のように