War Is Over

 if you want it

人間鑑定図

高峰秀子著『にんげん蚤の市』収録「人間鑑定図」より

ある日のせりに、俗にお歯黒壺と呼ばれる越前の壺が出た。丹波信楽(しがらき)など、ゴツゴツとした土(つち)ものにはあまり縁のない私だけれど、そのお歯黒壺は珍しく小型でコロリと丸く、生意気に一丁前の貫禄、品格もそなえている。その壺を見たとき、私はなぜか、 「あ、少年時代の小津安二郎だ」 と思った。なぜ、少年時代なのか私にもわからないが、とにかくそう感じたのだからしかたがない。 ・・・少年時代の小津安二郎に出会ってから、今度は逆に、人間を物に見たてる、というおかしなクセがついた。ざっと書き並べると、こんな工合になる。

 

志賀直哉 青磁南宋)、

 

梅原龍三郎 大明万暦赤絵、

川口松太郎 古染付、

司馬遼太郎 李朝白磁

松本清張 船箪笥、

成瀬巳喜男 黄瀬戸、

市川 崑 織部焼

仲代達矢 大名時計、

笠 智衆 埴輪、

幸田 文 花唐草、

杉村春子 染錦、

水谷八重子 色鍋島、

森 光子 タコ唐草、

美空ひばり 益子焼

越路吹雪 ボヘミアングラス、

泡沫タレント ベロ藍、

高峰秀子 むぎわら手

少年時代の小津安二郎 越前お歯黒壺