War Is Over

 if you want it

祀り

西村賢太が終わらない。終わらせてくれない。

今日発売の「ヤマイダレの歌」(新潮文庫を買う。

 その前に読まないといけないものが色々ある。

「日乗」シリーズの詳細な分析も自分のためのメモとしてこれからやるつもり。

本格的な西村賢太研究書が出る前に(出るのか?)自分でまとめておきたい。

その前にひとつふたつ言わせてもらえば、西村賢太は、これまでの日本の純文学(とりわけ私小説)とその他の小説の集大成でありパロディであり最新形態(もしかしたら最終形態)であるということ。

そして彼の人生そのものが一つの純粋な芸術作品であったこと。

彼とわずかな期間でも作家と読者として同じ時代を過ごすことができたのは幸運なことだった。とはいえリアルタイムで読めた作品はほとんどないのだが・・・