War Is Over

 if you want it

Novel's novel

似鳥鶏「小説の小説」という本を図書館で手に取り、面白そうだったので借りる。

著者については全く知らない。

まえがきを読んで面白そうだと思ったので借りた。

 

一篇目の「立体的な藪」は面白かった。

が、残りの三篇はちょっとキツくて読むのをやめてしまった。

かろうじて流し読んだが、自分とは縁のない小説だなと思った。

表紙に書いてある小説も、ちょっと受け付けなかった。

これはあくまでも現時点の感想だから、数年後には全然違っているかもしれない。

小説の出来が悪いとかいうことではなく(むしろクオリティは高いだろう)、相性の問題。

 

今は大谷能生が読みたいモードなもんだから。

ところで、能生(よしお)と打つときに変換できないので「能力生活」と打って変換してから「力」と「活」を消すって方はどのくらいいますか?