War Is Over

 if you want it

Nobody Before Me

大友良英大谷能生の文章が読みたくて阿部薫2020 僕の前に誰もいなかった』を読んでいたら、通勤電車の中で阿部薫を聴いているという人がいて、真似してみたらすごくよかった。

今まで、満員電車でイアホンで聴く音楽で最高だったのはVelvet Undergroundの「Sister Ray」だったんだが、阿部薫のほうがいいということが分かって、それがこの本の最大の収穫だった気がする。もちろん大友と大谷の文章もよかった。

それよりも鈴木いづみが気になって、鈴木いづみ語録』稲葉真弓『エンドレス・ラブ』も図書館で予約しちゃったよ。感想は読んでから(当たり前か)。

そういえば昔奥菜恵鈴木いづみが好きだってどこかで言ってた気がする。