War Is Over

 if you want it

結句、西村賢太

本の雑誌」2022年6月号は、「特集 結句、西村賢太という永久保存版。

ツイッターで発売を知り、本屋に走る。焦りすぎて売り場で少し迷って購入。分厚い。いつもの倍くらいページが多い気がする。

冒頭に藤澤清造全集内容見本全掲載」がきて、いきなり感動する。

担当編集者の愚痴交じりの貴重な証言満載の座談会に続き、賢太の作品にしばしば登場する朝日書林の荒川義雄店主へのインタビュー。

いろんな人の追悼文に加え、賢太の私小説を時系列に並べた「北町貫多クロニクル」など、気合の入った充実の内容だ。

この追悼特集で、やっと賢太の霊が浮かばれた気がする。

感想は、改めて書きたい。