War Is Over

 if you want it

国会図書館デジタルコレクション

昨日に引き続き、国会図書館デジタルコレクションで読める絶版本。詳しい人ならいくらでも探せそう。学術機関関係者ではない自分みたいな人にとっては本当にありがたい。

浅見淵『現代作家研究』『昭和文壇側面史』

尾崎一雄作品集第1巻~第10巻

外村繁『阿佐ヶ谷日記』

川崎長太郎, 上林暁, 渋川驍 編『宇野浩二回想』

堀木克三『暮れゆく公園』西村賢太の「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」にレア本としての言及がある)

島田清次郎『地上 第1部 第2部』『我れ世に敗れたり』ほか

勝目梓『告白』ほか(「文芸首都」に純文学作品を書いていたころの小説)

川上宗薫『夏の末』筒井康隆が読んで眠れなくなったとwiki情報)

ロッキング・オン編集部『大東京トイレ事情』(懐かしい)

清田益章『私とゼネフとの出会い』(「心霊科学協会」でしかできないディープな話)

久松真一『東洋的無』

伊福部隆彦老子眼蔵』『正法眼蔵新講』ほか

谷口正治『皇道霊学講話』(1920)

つのだじろう『私の心霊研究』(雑誌「心霊研究」)

雑誌『座右宝』(1946~1948)武者小路と志賀が参加した美術文芸雑誌

雑誌『広告批評(1979~2000)(サブカル聖典

雑誌『小説club』(1969~1999、桃園書房)(官能小説が読める唯一の資料?)

雑誌『現代の眼』(1962~1983、現代評論社)(「噂の真相」の前身?)

雑誌『文芸戦線』(1924~1932)(アジテーションが凄い)

雑誌『文芸首都(1944~1970)(勝目梓中上健次らが参加。佐藤愛子が「終りの時」で水上勉川上宗薫のことを書いた)

『タレント名鑑』(1962.1963)(住所が載ってる)