War Is Over

 if you want it

アイドル関係

過ぎ行く日々

気が付くと1月が終わっていた。先月だけで、ジェフ・ベック、高橋幸宏、ビング・クロスビー、アンソニー“トップ”トプハム(ヤードバーズの初代ギタリスト)、トム・ヴァーレイン、そして鮎川誠の訃報があった。ロックの全盛期である1960年代、70年代に活躍し…

Ace of Heart

早速見た夢を記録しようと思っていたら、夜中に一度目が覚めて、そのときには覚えていたのだけど、わざわざ夢を書き留める気になれず、もう一度寝て目が覚めたら忘れていた。なんとなく残っているのは、「マカロニほうれん荘」の舞台である「ほうれん荘」の…

迷路の中のドブネズミ

ラカン「アンコール」(講談社選書メチエ)読むが、これが何らかの意味を成す日本語だとはとても思えない。酔っぱらいの戯言ではないか? AIが「ラカン風」に作成した文章だろうか?「マカロニ2」を読む感覚に近いものがあった。そういえばマカロニ2のAmazo…

無気力

まだデビュー前のアイドルグループ「ラフ×ラフ(rough×laugh)」の記事が読みたくて30年ぶりくらいに週刊プレイボーイを購入。 推しの”はるるん”こと永松波留さんがセンターで今までで一番いい表情で映っていた。 同号に掲載されている佐久間Pのインタビュー…

シニフィアン連鎖

平手友梨奈がHYBE移籍のビッグニュース。でも一瞬後に納得。 てちはKPOPの世界観にハマると思う。わかりみと愉しみが深い。 グローバル展開するアイドルもいる一方で、ドメスティックなアイドルとして注目の<ラフ×ラフ>は、佐久間Pの強味があるバラエティ…

Emoee Xmas

New Jeansの新曲”Ditto”がエモすぎてメロディー聴いただけで泣いた。 MVもめちゃくちゃによい。 たぶん元ネタは岩井俊二(映像の雰囲気)あたりと藤本タツキ『さよなら絵梨』(物語のメタ構造)あたりではないかと推察しているが、作曲陣と製作スタッフの能…

Lacan pour la survie

今日も図書館でラカン関連の解説書3冊(斎藤環「生き延びるためのラカン」、荒谷大輔「ラカンの哲学」、福原泰平「ラカンをたどり直す」)を借りる。 なんでこんなにラカンにこだわっているのか自分でも分からない。分からないままで終わらせるのは癪だとい…

永松半端ないって

佐久間Pプロデュースアイドルプロジェクトがデビューに向けて動き出し、グループ名のお披露目動画があった。 ずいぶん待たされたという気もするが、デビューに向けた練習期間とすれば短すぎるくらいかもしれない。 今回は大喜利ドッキリの企画だけで終わっ…

オーディションまとめ(永松さん)

佐久間Pアイドル・オーディションの永松さんの部分まとめ。 まず三次審査から。 佐久間Pによれば「ほとんどの時間泣いていたので心配になった」とか。 歌が始まると佐久間Pの眼が変わる。 Youtubeコメント欄では「声が小さい子」として既に注目されていた。 …

haru haru

当ブログで絶賛推し中の、佐久間Pアイドル・オーディション選抜メンバー、永松さんは、VOATという音楽学校(アーティスト養成機関?)の新人アーティストとして登録されていることが分かった。 フルネームは永松波留で、出身地福岡県の地元VOAT福岡校でオー…

若者のすべて

ずっと永松さんの歌と映像をリピートし続けている。 〈光合成希望〉ってまるで彼女がこの時に歌うために存在した歌のようだ。 歌詞とのシンクロがエモすぎて泣く。 もしかするとこれが彼女のピークなのでは? これから大人たちが(もちろん彼女のためを思っ…

備忘録(永松さん)

佐久間Pアイドルグループで「推し」決定した永松さんのオーディションの記録をメモ(備忘録)として残しておく。 YouTubeチャンネル「NOBROCKドキュメント」より <初登場> 【近況②】対面面接の様子を佐久間Pのリアクションのみでお届け youtu.be 9分10秒~…

逸材みっけ

吉田豪が<サブカル>という謎の枠で審査員を務めた佐久間PのアイドルオーディションをYouTubeで見るともなしに見ていると、目と耳が釘付けになる少女がいた。 最終審査に15人が残って、デビュー組は9名が合格となったのだが、正直その子以外は目に入らな…

NO SANA NO LIFE

はてなブログになってから初のカミングアウトですが、 私のTWICEの推しは〈さーたん〉ことサナSANAちゃんです。 どうかお見知りおきを。 アメリカツアー中のvlogでカップラーメン啜ってる動画に涙が出たよ。 本人はおいしそうに食べてたけど・・・ この週末…

Girls Planet

今K-POPファンの間で話題の「ガールズ・プラネット999」という番組は、日本、中国、韓国から応募したメンバーがデビューを目指してしのぎを削るという、もう供給過多状態といってもよいオーディション番組の一つなのだ。 ここに参加している日本人の中に…

例外

去年は「Begin Again Korea」という韓国の歌番組がお気に入りだったが、今年も同じような趣向で「Sea of Hope」という番組をやっている。 今回はミュージシャンたちが集まって海の家を運営するというような設定で、昨年に引き続き透明な歌声に惚れ惚れするAK…

アイユ

IUが是枝裕和監督の韓国映画「ブローカー(仮題)」に出演決定したとのニュース。これは楽しみ。 『ブローカー』(仮題)は子供を育てることができない人が匿名で赤ちゃんを置いていくことができるよう設置された「赤ちゃんポスト」をめぐって関わるようにな…

Over The Rainbow

年末年始に見たTVはほとんどNIZIU関連の歌番組のみ。 来日してから休業が続いていたミイヒが復帰し、9人での「MAKE YOU HAPPY」と「STEP AND A STEP」を披露した。 マヤが体調不良で紅白のリハーサルを欠席したりといったこともあったが、何とか年末年…

Step and A Step

NiziUのデビューシングル「Step and a Step」のMVが公開された。 NiziUのデビューに向けたメディア露出は、絨毯爆撃のような勢いで、どれだけ資本投下されているのかと半ば呆れるほどだ。 まだ本格デビュー前なのに紅白歌合戦の出場も決定し、まるで国民的…

sana

TWICEのサナは本名を湊崎紗夏といって、大阪市天王寺区出身。 1996年12月29日生まれの23歳。一人っ子。 難波で買い物をしているときにスカウトされ、大阪市立夕陽丘中学校を卒業後、JYPの練習生になるため、2012年4月、単身韓国に渡る。 当初は日本人グル…

最高でしかない

K-POPレジェンドによる90年代リバイバルユニットSSAK3がいよいよ7月25日にデビュー。 SSAK3とは、ユ・ジェソク&イ・ヒョリ&Rain(ピ)のユニット。 MBCのバラエティ番組「遊ぶなら何する?(놀면 뭐하니?)」から発生したグループ。 デビュー曲の前に公開さ…

With U

JYPの「虹プロジェクト」発のガールズ・グループ「NiziU」のプレ・デビュー・ミニ・アルバム配信と同時に、プレ・デビュー曲「Make You Happy」のMVが公開された。 早速再生回数が凄い勢いで伸びている。予想を上回る勢いだが、この勢…

NiziU

以前このブログでも取り上げたことのあるオーディション番組「虹プロジェクト」が完結した。 1万人を超える応募者の中から、東京合宿への26名の選抜を経て、13名が韓国合宿に選抜され、その中から9名のデビューが決定した。 前回の記事で注目したメン…

ヒョリ姐さん

『ヒョリの民宿』にすっかりハマってしまって、関連してLee Hyoriの昔のMVやらバラエティやらをチェックしているうちに時間を忘れる。 そのうちに、重大なことに気づいた。ユーチューブにアップされているオリジナルの番組(英語の字幕つき)と日本で放送…

NIZI PROJECT

TWICEなどのアイドルスターを輩出している韓国の大手事務所JYPが日本でアイドル・グループを結成するために企画したオーディション番組『NIZI PROJECT』が今年放送されている。 毎週金曜日にHuluという有料サイトで配信され、現在は…

善意で敷き詰められた地獄への道或いは天国への階段という名のTWICE

TWICEに「もって行かれそうになっている」自分が怖い。 メンバー9名の区別がつき、顔と名前が分かるようになったら、地獄OR天国の門まではあと1歩だ。 皆さんご存じのことと思うが(冗談ですが)、TWICEには日本人メンバーが3人いる。 彼女たちは、日本で…

親愛ならざる人へ

奥菜さんの舞台を見るのは10年ぶりくらいだった。見てよかった。 以前の観劇の感想 失われた時を求めて 橋を渡ったら泣け 「アンネの日記」が作品の中で大切な要素として使われていて、思わず20年前に青山劇場で見た奥菜さん主演の「アンネの日記」が脳…

親愛ならざる人へ

奥菜恵さんが約2年ぶりに舞台で主演する。 『親愛ならざる人へ』 主演の花嫁役は約2年ぶりの舞台出演となる奥菜恵。三十三歳、厄年を迎えた花嫁による「本音」の物語になるという。 さらに若手俳優・佐伯大地、劇団鹿殺しのオレノグラフィティ、元宝塚歌劇…

総監督おつかれさまでした。これからも応援しています。

宇佐美 増山 渡辺 佐藤 駒谷 成田 浦野 平嶋 戸島 大江 中西 峯岸 小嶋 夏 高橋 前田 板野 大島 折井 星野 2005年 高橋みなみ卒業「やり切りました」 2016年4月9日 デイリースポーツオンライン AKB48の高橋みなみが25歳の誕生日を迎えた8日、東京・…

AKBという無我表現の終焉

少々大げさなタイトルになったが、少し気になる記事があったので。 (以下、日刊スポーツ記事より引用。下線部は引用者による) AKB48高橋みなみ(23)が8日、AKB48からの卒業を発表した。東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた9周年記念特…