War Is Over

 if you want it

満島ひかり

Blog and me

teacupに好きな音楽やらタレントやらについて雑感を書き連ねるブログを気が付いたら16年くらいやっていたのだが、もうすぐサービスを終了するというので、いろいろ(というほどいろいろでもないが)調べた挙句、この「はてなブログ」に過去記事を移転するこ…

MHNYSK(満島ひかりは何をやっても最高)

岩澤瞳時代のスパンク・ハッピーみたいでカッコいいこと極まりなし。

私なら、「to be or not to be」を『生きるべきか、死ぬべきか』とは訳さない

BSで、満島ひかりが蜷川幸雄演出の『ハムレット』に挑戦するというドキュメンタリーを放送していたのを見た。 その中で、ひかりは「私なら、『生きるべきか、死ぬべきか』とは訳さない」と言っていた。 なぜなら、ハムレットが悩んでいるのは、肉体的な意…

ハムレット

今更シェークスピア『ハムレット』を読み返す。 英文テキストとその注釈と日本語訳を並行して読むのは結構骨が折れた。 新潮文庫の福田恆存の翻訳はさすがに名訳と思う。 角川文庫の新訳も読んだが、なかなか読みやすかった。 作品自体については、以前に読…

ごめんね青春の件

昨日の『ごめんね青春!』(第5話)は、満島ひかりの演じる場面が結構多かった。教会の懺悔室で「聖書の言葉が空々しく聞こえる」と言って原平助への想い(?)を語るシーンは、『愛のむきだし』で聖書の文句を叫ぶシーンを意識したものだとか、いろいろ妄…

ごめんね青春

宮藤官九郎脚本で、満島ひかり主演のドラマ『ごめんね青春!』が始まった。 2話が終わったところだが、なかなか楽しく見ている。 満島ひかりの役どころは、厳格なキリスト教の女子高の鬼(?)教師で、「愛のむきだし」風に啖呵を切ったり、回し蹴りを食ら…

満島ひかりによるカヴァーアルバム収録曲(妄想)

前回の中島みゆき「ファイト!」に続く、満島ひかりカヴァー第2弾は、米米クラブ「浪漫飛行」。 これもすごくいい。満島ひかりによるJ-POPカヴァーアルバムが出たら買う。 思わず収録曲を妄想してしまった。 満島ひかりによるカヴァーアルバム収録曲 1.ひ…

ファイト!

今テレビからCMで中島みゆきの「ファイト!」が流れてきたが、歌声が違った。 よく画面を見てみると、歌っているのは満島ひかりだった。 彼女の歌声はとてもよかった。 この曲はいろんな人がカバーしているが、本家に負けないと思えたのはこれだけだ。 フ…

それでも、生きてゆく 第10話

今回も満島ひかりのいろんな表情が見れたから満足。 テレビドラマでここまで本領発揮できるとは。 彼女の代表作になってもおかしくないと思う。

それでも、生きてゆく 第8話

正直いいシナリオだとは思わないけど、俳優陣の熱演ぶりでなんとか見れている感じ。 大竹しのぶと元少年Aのバトルシーンが今回の最大の見せ場だったろうが、それよりも満島ひかりが見せたところどころの表情が印象深かった。 「被害者のところへ(行ってき…

それでも、生きてゆく 第6話

今回も、満島ひかりさん大奮闘の巻、でした。 ただどうも困るのが、登場人物の誰一人として感情移入できないこと。 この脚本家は、夏川結衣さん主演の『あなたの隣に誰かいる』の人らしいが、ショッキングな展開は得意でも、こういうシリアスなドラマは向い…

それでも、生きてゆく 第5話

今回も、満島ひかりの演技が堪能できた。 瑛太とラーメン食べる場面、よかった。 ドラマ全体の中ではちょっと浮いている感もなきにしもあらずだが、意図的に毎回こういうコーナーを挟んでくれるのは嬉しい。 今回のような、自然な展開からの満島の泣き演技に…

それでも、生きてゆく 第4話

そろそろストーリーについても感想を書こうか。 このドラマ、良作になるかもという期待はあったのだけど、いまだに何をどうしたいのかよく分からないんだよな。 その一番の原因が、フミヤという当時中学生の少年が幼女を殺害したという事件そのものの真相が…

それでも、生きてゆく 第3話

フジの連続ドラマ『それでも、生きてゆく』の第3話を見た。 なでしこジャパンは凄いと思うけれど、フジテレビはあまり好きじゃない。 それでも、満島ひかり見たさに、ついチェックしてしまうこのドラマ。 しかし今週はなんといっても、最後の安藤サクラのイ…

それでも、生きてゆく 第2話

フジテレビのドラマ『それでも、生きてゆく』の第2話を見た。 今回は、ほとんど瑛太と満島ひかりの対話劇のようなもので、満島ひかりの台詞が特に多かった。

それでも生きていく 第1話

瑛太と満島ひかり主演のドラマ『それでも、生きてゆく』第1話を見た。 中学生による小学生殺害事件。加害者の家族と被害者の家族。加害者の妹と被害者の兄の出会い。 重いテーマだ。おそらく1997年に神戸で起きた児童連続殺傷事件をモチーフにしていると思…

おひさま

NHKの朝の連ドラ「おひさま」に満島ひかりが出てる。 あの溌剌さ、人妻とは思えんなあ。 現時点では井上真央を完全に喰ってる気がするよ。 ドラマ自体はど〜ってことないんだが。

・・祝・・

おめでとうございます。 もしかしてショック受けてる人もいる? 僕は大丈夫だけど(ウソ) (泣) 満島ひかり、映画監督・石井裕也氏と交際1年で入籍 女優の満島ひかり(24)が26日、映画監督の石井裕也氏(27)と10月25日に入籍したことを所属事務所を通じてFAX…

おひさま

満島ひかりが、平成23年度前期連続テレビ小説「おひさま」の主な出演者に決まった。 主演の井上真央の親友役らしい。 満島クンの朝ドラ出演は実は二度目らしい。 このところ満島クンの役どころが、一定の方向性と一定の枠内に収まりつつあったキライがなくもない気…

女生徒

BSでやってた「カチカチ山」(太宰治)見逃した… 正確にいえば録り損ねた… やっぱ太宰といえば「女生徒」だよね… 誰かあれを実写化してくんないかな… 主演は、そう、誰でもいいや。AKBとか、そのへんの、適当なのでいいや。 誰がやるかは重要じゃないから。 …

アク人

吉田修一「悪人」について書いた記事がグーグル検索に引っかかるおかげで昨日からのアクセス数がいつもの10倍位になっている。 正直なところ、映画「悪人」については、満島ひかりが出ているという点以外に個人的関心は一切なし。 だから今のところ見に行く…

好きよ 抱いて

テレビ東京金曜深夜のドラマ「モテキ」。 こないだの満島=なずなの回もよかったが、今回の満島大活躍の回もよかった。 製作陣が満島ひかりの魅力をよく分かっていらっしゃる。 ただ、役柄がちょっとワンパターン化してるか? w 主演の森山未來もよい演技を…

nazna

この季節になると、どうしても欠かせないのが、隅田川花火大会、ではなく、同じ花火でも、あの名作『打ち上げ花火 下から見るか 横から見るか』である。 しつこいようだが、先週のテレビ東京の深夜ドラマ『モテキ』は良かった。 あの、今をときめく満島ひか…

モテキ

今現在この時間テレビ東京でやってる『モテキ』ってドラマ、最高なんですけど。 満島ひかりが、『打ち上げ花火』のロケ地でなずなになりきってるんですけど。 なんか、生きてて良かった。

川の底からこんにちは(2)

※今回はネタバレなので未見の人はご注意を 前回、映画としては70点と書いたけれど、監督はまだ若いというので、今後の「のびしろ」があるという意味で受け取ってほしい。 着眼点とかストーリーの流れ、キャスティング、オフビートっぽいセリフのやり取りな…

川の底からこんにちは

無理やり時間を作って観てきました。 映画としては、期待値を100とすると、正直70くらいかな。理由はそのうち詳しく書きます。 ただ圧倒的に言えるのは、 満島、カッコイイ。 ってこと。 自分が大の“ひかり贔屓”であるということを差し引いても、この映画は…

女優力

先日、奥菜恵さんが出演した『女優力』という番組に、あの満島ひかりクンが出演すると言うので、期待して見た。 奥菜さんのときは、「三重人格の新聞記者のキャラクターで即興芝居をする」という課題に挑戦するものだったので、満島は何に挑戦するのだろうと…

川の底からこんにちわ at ベルリン

今週の「女優力」も楽しみでR。 欧州の人々の素朴なギモン…満島ひかり主演映画のギャグに「あれは日本の習慣なのか?」【第60回ベルリン国際映画祭】 http://www.cinematoday.jp/page/N0022550 2010年2月17日 20時59分 現地時間2月14日夜、第60回ベルリン国…

キネマ旬報 助演女優賞

▽主演男優賞=笑福亭鶴瓶「ディアドクター」 ▽主演女優賞=松たか子「ヴィヨンの妻」 ▽助演女優賞=満島ひかり「愛のむきだし」「プライド」「クヒオ大佐」 ▽助演男優賞=三浦友和「沈まぬ太陽」 ▽新人女優賞=川上未映子「パンドラの匣」 ▽新人男優賞=西島…

さよなら はじめまして

今年は,いろいろな意味で昨年ほどドラマチックではなかったけれど,このブログ的にもそれなりに充実した1年だった。 何より,奥菜恵さんが母親になられたことが,一番めでたい出来事でした。 来年は,大きな舞台が控えているということで,女優としての躍…